福岡県 新型コロナウイルス感染症ポータルサイトは2021年4月末で終了いたします

2020年3月、福岡県での新型コロナウイルス感染症の拡大に際して
福岡県のオープンデータを利用して、東京都の新型コロナウイルス感染症ポータルサイトのオープンソースにより
以下の福岡県版のポータルサイトを立ち上げました。

https://fukuoka.stopcovid19.jp

当サイトのコメント欄にて県民の皆さまからのご意見もいただき、ポータルサイト運営を続けて参りました。

しかし、今後元となっているオープンデータのフォーマットが変更される予定であり、それに伴う改修が必要であることや
当初の想定以上に新型コロナウイルス感染症の流行が長期化していることにより
ボランティアベースでの運営が厳しくなってきました。

現在は2020年3月のポータルサイト立ち上げ当初と違い
福岡県の公式ページにて同様の感染状況の確認もできます。

以上のことから、2021年4月末にてポータルサイトは終了することにいたしました。

まだ新型コロナウイルス感染症の流行は収束したとは言えませんが
今後は福岡県の公式ページにて必要な情報を確認いただけたらと思います。

福岡県新型コロナウイルス感染症ポータルページ
今まで閲覧いただいた皆さま、コメントいただいた皆さま
どうもありがとうございました。
新型コロナウイルス感染症の流行を気にしないで良い日が早く来ることを祈っています。


福岡市市民活動公聴事業に参加

福岡市の、市長がさまざまな分野で活動している団体の活動や意見を見聞きすることにより市政の参考とする

「市民活動広聴事業」で、2020年11月4日にCode for Fukuokaが福岡市高島市長と意見交換しました。

従来でしたら高島市長に活動に参加いただき、その後ディスカッションとの流れでしたが、今年はコロナ禍のため密となることを避け、活動の紹介を代表の德永から行い、その後参加したメンバー5名と高島市長とのディスカッションを行いました。

高島市長にCode for Fukuokaの活動を知ってもらい、行政の立場からご意見をいただけて大変貴重な時間となりました。


福岡県 新型コロナウイルス感染症ポータルサイトを立ち上げました

福岡県のオープンデータを利用して、東京都の新型コロナウイルス感染症ポータルサイトのオープンソースにより福岡県版のポータルサイトを立ち上げました。

https://fukuoka.stopcovid19.jp

ボランティアベースで運用を進めていきますので、活動に参加したい方は以下のGithubよりご参加ください。
https://github.com/Code-for-Fukuoka/covid19-fukuoka

 

多くのご意見をありがとうございます。

我々の活動はボランティアベースなりますが、できるだけ正確な情報提供を行えるよう努めてまいります。

また、みなさまから頂いたコメントは、福岡県の担当者にお伝えします。


福岡市 新型コロナウイルス感染症ポータルサイトを立ち上げました

福岡市のオープンデータを利用して、東京都の新型コロナウイルス感染症ポータルサイトのオープンソースにより福岡市版のポータルサイトを立ち上げました。

https://stopcovid19.codeforfukuoka.org

ボランティアベースで運用を進めていきますので、活動に参加したい方は以下のGithubよりご参加ください。
https://github.com/Code-for-Fukuoka/covid19

 

多くのご意見をありがとうございます。

我々の活動はボランティアベースなりますが、できるだけ正確な情報提供を行えるよう努めてまいります。

また、みなさまから頂いたコメントは、福岡市の担当者にお伝えします。


エンジニアフレンドリーシティ福岡のエンジニアインタビュー記事に代表の德永が出ました!

エンジニアフレンドリーシティ福岡の取り組みにおいて、エンジニアデビュー第12弾に代表の德永が掲載されました。Code for Fukuokaの活動についても答えてますのでぜひご覧ください。
https://efc.fukuoka.jp/interview/3337


エンジニアフレンドリーシティ福岡フェスティバルにて、コミュニティトークセッションに参加しました!

2020年1月31日~2月1日に開催されたエンジニアフレンドリーシティ福岡フェスティバル2日目のコミュニティトークセッションに参加しました。
当日はjig.jp創始者の福野さんや大分県ハイパーネットワーク研究所の青木さん、GMOペパポ鹿児島の早崎さん、AR作成勉強会の吉永さんとご一緒させていただきました。
コミュニティ発足のきっかけや各地域ごとの特色などいろいろお話しました!


エンジニアフレンドリーシティ福岡アワード表彰式

2020年1月31日~2月1日に行われたエンジニアフレンドリーシティ福岡フェスティバルにて、エンジニアフレンドリーシティ福岡アワードの表彰式が開催されました。
Code for Fukuokaはコミュニティ部門受賞により、表彰式に参加しました。
福岡市長高島さんより賞状、トロフィー、副賞を授与いただきました。


エンジニアフレンドリーシティ福岡アワード(コミュニティ部門)を受賞しました!

福岡市では 「エンジニアが集まる、活躍する、成長する街、福岡」 を推進するエンジニアフレンドリーシティ福岡という事業が進んでいます。
今回、エンジニアフレンドリーシティ福岡アワードとして、 福岡市内で積極的にエンジニアの勉強会や交流会などの活動を行い、エンジニアの交流促進や活動の活発化、スキルアップ等に貢献する活動を行っているエンジニアコミュニティとして受賞しました。
https://efc.fukuoka.jp/award



2019年11月3日 U-16プログラミングコンテスト福岡大会に共催として参加しました!

Code for Kurumeが事務局となって九州で初となるU-16プログラミングコンテストの第1回福岡大会にCode for Fukuokaも共催として参加しました。
初回ということと体調不良による欠席者も出て参加者は少なかったですが、子どもたちの頑張り、アイデア素晴らしかったです!
今後も楽しみにしています!

グラレコ


2019年6月29日 CIVIC TECH FORUM 2019で登壇しました!

六本木ヒルズのGoogleオフィスで行われたCIVIC TECH FORUM 2019に参加し、登壇しました!
Code for Fukuokaが目指す公園アプリの話などしてきました。